対人・対物賠償責任保険は無制限で加入する

対面型の自動車保険でも、ダイレクト型の自動車保険でも共通して必ず守っておいたほうが良いことがあります。それは対人・対物賠償責任保険の金額は「無制限」に設定することです。交通事故で一番怖いのが「他人のものを壊すことと「他人を傷つける事」です。例えば大きな事故を起こして相手の高級車を廃車同然にまで壊してしまったら数千万円クラスの賠償金を請求されるでしょう。さらに死亡事故を起こしてしまうと数億円単位の賠償額になることもあります。これらのお金は保険の補償額を超えれば当然自分で賄わなければいけません。しかし自分で支払えるような経済力を持っている人はほとんどいないでしょう。保障額を下げれば保険料は安くなりますが、対人・対物賠償責任保険の補償額だけは無制限に設定しておいたほうが安心です。

安易に販売店の保険に入らない

対面型の保険を選択する際には自動車を購入した販売店が代理人となっている自動車保険に加入するという人も多いのではないでしょうか。しかし自動車メーカーが代理店となっているところのほかにも対面型の自動車保険はたくさんあります。確かに自動車の購入と合わせて保険にも加入することで保険料は多少安くなったりはしますが、探せばそれ以上に安い保険料で同じ補償をつけることができる自動車保険会社を見つけることも十分可能です。ですから自動車を購入することを検討している場合はあらかじめいくつかの自動車保険会社のサイトなどで見積もりをとっておき、自動車を購入した際に薦められた保険会社の保険料とを比較してより安い自動車保険に加入すると良いでしょう。

自動車保険は運転時に思わぬ事故に遭ったときに、損害を補償する大切な保険です。自動車保険に加入していなければ、相手や物に損害を与えてしまった時に、様々な費用を自己負担で補わないといけなくなるので、大きなリスクになります。それを避けるためにも、保険に入っておいた方が良いでしょう。ここでは、自動車保険の加入方法であるダイレクト型と対面型の2つの概要を徹底解説します!

© Copyright Choose Car Insurance. All Rights Reserved.