ダイレクト型は自動車保険の主流

自動車保険には大きく分けて、代理店経由で加入する代理店型とインターネットで契約をするダイレクト型の2パターンがあります。自動車の普及に合わせて前者の代理店型の自動車保険が広く利用されていき、任意で加入する自動車保険が浸透していきました。時代は流れ、インターネットが急速に普及した近年においては、時間や場所を問わず申し込みが出来るダイレクト型の自動車保険が主流となってきています。特にダイレクト型自動車保険は中間マージンが無い為、代理店型と比べて少ない掛け金で利用出来る点が老若男女から支持を受けている状況です。なお、掛け金の安さが魅力のダイレクト型自動車保険であっても条件によって掛け金に差が出てくるので細かく比較をして見ていく事が大切と言えます。

気になるダイレクト型自動車保険の相場

ダイレクト型自動車保険の平均相場は等級が高い場合、車両保険ありで3万円から5万円前後、車両保険が無ければ1万円から3万円前後です。自動車保険を提供する会社によっても異なりますが、ゴールド免許の場合、ブルーの色の免許を持っている方よりも安くなるケースがあるので見積もりを見比べてチェックするのが賢明と言えます。また、自動車保険を提供する会社によって特定の属性を優遇する傾向もあるので、自身が優遇される自動車保険が無いかも見ていくのも安くおさえる為には重要です。例えば、走行距離が極端に低い人や事故率の低い年齢層を優遇している自動車保険会社もあります。しっかりと自身にあった自動車保険を探していきましょう。

自動車保険は運転時に思わぬ事故に遭ったときに、損害を補償する大切な保険です。自動車保険に加入していなければ、相手や物に損害を与えてしまった時に、様々な費用を自己負担で補わないといけなくなるので、大きなリスクになります。それを避けるためにも、保険に入っておいた方が良いでしょう。ここでは、自動車保険の加入方法であるダイレクト型と対面型の2つの概要を徹底解説します!

© Copyright Choose Car Insurance. All Rights Reserved.